【ファンタジー】忘却城~炎龍の宝玉~|塾のために買った屋敷は幽霊だらけで、街には瀕死の炎龍が飛来!儒艮と金魚小僧は、王族の問題に巻き込まれ、ともに生きるために命を懸ける…ついに舞台は王宮へ!新キャラも大活躍でますます面白い、人気中華風ファンタジー3作目!

作者名:鈴森 琴   創元推理文庫

死者を蘇らせる術で発展した亀珈王国。儒艮が塾を開くために買ったのは札付きの幽霊屋敷、引っ越し初日から怪奇現象が多発していた。そんな折、瀕死の炎龍が飛来し。王都を大混乱に陥れる。亀珈王国にとって炎龍は至高の存在。そこで急遽、龍語を解する界人の儒艮が通訳に指名される。彼は大切な家族となった金魚小僧のため、ある目的を胸に役目を引き受ける……。独特の世界が読む人を引きつけて放さない〈忘却城シリーズ〉第三巻。

儒艮が開いた塾は、怪奇現象だらけ!

そして金魚小僧は、悩めるお年頃?

そんな時、王宮は炎龍の対応で大混乱…ついに王族の内情が明らかに!

スポンサーリンク

さらに広がる世界度:★★★★

1作目の主人公・儒艮(じゅごん)と、1作目で死者から完全な生者に蘇った少年・金魚小僧。

色々あってその後一緒に暮らすことになった、この2人がメインの3作目。

王の正妃・雪晶(せっしょう)と、第1王太子・風嵐影(ふうらんえい)の2人も、

王族側のメインキャラとして活躍します。

儒艮たちは、いわくつきの「比和院」という大きな古い屋敷を買い、塾を開講するのですが、

動く泥人形だらけだわ、老婆の声がするわ、

庭先では謎の影が目撃されるわ、怪奇現象のオンパレード!

しかし、有能な家庭教師だった儒艮の人望で、

何だかんだで、塾には子どもたちが増え、金魚小僧も同年代の子と過ごすようになり、

賑やかな大家族、という雰囲気が感じられます。

幽霊が出ても、ハエが出たようなリアクションしかしない儒艮が、ズレっぷりを発揮(笑)

トラブルが起きつつも、平穏に過ごしていたのですが、

街に瀕死の炎龍が飛来したことにより、その後、王宮の緊急事態に巻き込まれていきます。

王宮の抱える問題や、儒艮の生家の内情なども明らかになり、

難しい事情に、頭が痛い人が多い多い(汗)

王宮では、第2王太子の母で正妃の雪晶が、失った我が子が忘れられず苦しんでいて、

彼女のこの想いが、とんでもない事件を招くことになります!

王族にかけられた呪いは、王宮に暗い影を落とし続けていて、

ああ、これが火種でこれから悲劇的事件が起きるのね…

と思っていたら、すでに起きていた!

物語半分で明かされる真実に、唖然。騙されました!

前作は死霊術師たちがメインで、今作では王族の実情が明かされます。

続刊がでるたび広がる世界に、ますますはまり込みました。

家族の物語度:★★★★★

お互いを大切に思いながらも、特殊な出自ゆえに、

自分たちは家族みたいなものなのか、ならばどう接すればよいのか、

分からず悩む、儒艮と金魚小僧。

夫に愛され大事にされつつも、我が子を失った傷が癒えることのない、雪晶。

第1王太子として、己を律さざるをえず、肉親や兄弟にも複雑な感情を抱く、風嵐影。

そのほかにも、儒艮の父の立場や、雛龍を命がけで産もうとする炎龍、

比和院にかつて暮らしていた家族の謎などが描かれます。

全体を通して、「家族」の物語だと感じました。

う~ん、と切なくなるシーンもあれば、

わ~っと、キュンキュンするシーンもあり!

1作目で、儒艮と金魚小僧に好印象を抱いた人には、すごくおすすめ!

前作では、曇龍(ウォウロン)と厭神(えんしん)の掛け合いにドキドキしましたが、

今作での、儒艮と金魚小僧の絆が深まっていく感じも、負けていません!

壮大なファンタジーシリーズ度:★★★★

1作目は、野心を抱えたある人物がラスボス、という感じで出てきました。

2作目は、二十四大鬼の一体、鬼帝女と死霊術師のバトル。

そして今回は、現在の王族・黄王家と、滅びた千形族との因縁が…。

1作目から、やたら用語が出てくる、すごい細部まで凝った世界観だなぁと思いましたが、

シリーズ進むごとに、出てくる出てくる、謎が敵が因縁が!

なるほど、ここまで壮大なファンジーにするつもりだったからなのね!と納得。

そう考えると、伏線がすごい⁉

どんどん面白くなってくるし、好きなキャラが増えたし、4作目が待ち遠しいです。

つぎは、誰が主人公かな~。

謎と神秘に満ちた世界観がたまらない…。

秘密を抱えた登場人物たちの駆け引きにハラハラする、大人のファンタジー!

忘却城 炎龍の宝玉 (創元推理文庫) [ 鈴森 琴 ]
楽天ブックス
¥ 1,100(2021/07/08 09:30時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました