【ファンタジー】忘却城~鬼帝女の涙~|死霊術師が活躍する傑作ファンタジー、第2作目!病弱青年死霊術師と、王族殺しの女大罪人のコンビが、大鬼「鬼帝女」退治に挑む!予言院の使者の企みとは?大罪人の過去とは?魅力的な登場人物が増え、謎も陰謀も戦いもスケールアップした続編!

作者名:鈴森 琴   創元推理文庫

死者を蘇らせる術で発展した亀珈王国。名付け師が居を構える霊昇山に、死者の代弁機関、夢無鵡予言院からの使者が訪れ、二十四大鬼の一体に不穏な動きがあり、退魔を要請したいと告げた。そこへ名乗りを挙げたのは、百の御子のひとり、才はあるが病弱な千魘神だった。魘神に同行するのは、牢から放たれ、霊昇山に身を寄せている王族殺しの大罪人・曇龍。果たして大鬼退治は成功するのか?

新キャラが増えて、スケールもアップ!

大罪人と病弱死霊術師のコンビは、大鬼を退治できるのか

スポンサーリンク

メインは死霊術師度:★★★★

前作では、一般人(?)サイドの主人公が、家庭教師を営む青年・儒艮(じゅごん)。

死霊術師サイドの主人公が、100人の御子唯一の女子・舞蒐(ぶしゅう)。

全体的に、儒艮が主人公という感じでした。

2作目となる本作は、死病に侵された死霊術師で、

しかし無邪気に明るい青年・厭神(えんしん)と、

前作で牢から出た、金髪の異人で女大罪人・曇龍(ウォウロン)。

死霊術師の御子の登場人物が増えて、霊昇山の術師たちの住まいや生活の描写もあり、

善悪どちらサイドか分かりにくい謎の存在だった彼らが、

わりと親しみやすい雰囲気で描かれています。

とくに、厭神の子どもっぽいキャラや、彼を叱る兄たちのシーンは、

とてもコミカルで微笑ましい。

個人的に、いちばん笑えたのが、‟ゆきちゃん”こと阿雪姫の存在。

わたしも、彼女に癒されたいです~、可愛い!

州を収める家の長としての重圧に悩む女性・白芍(びゃくしゃく)の目線も、

ハラハラしつつも、普通の女性視点なので、親しみがわきます。

妖しい美女・繻子蘭(しゅすらん)や、女性が強い部族も登場し、

前作より、女性陣の見せ場が多くて華やかな印象でした。

人と人との絆度:★★★★★

霊昇山の、死霊術師の義兄弟たちの、難しい立場ながら確かに存在する絆。

曇龍の過去の、何とか生き残ろうとした一族の、悲しい愛。

全く違う境遇で生きてきた2人の女性の、淡い友情。

人と人との繋がり、両者の間の感情が、

緊迫した事態のなかでも、しっかりと描かれていました。

そして、物語の終わりには、また新しい絆が…。ここキュンときました。

悲しい過去、苦しい現状から、何とか抜け出そうとあがく登場人物たちを、

応援したくなる続編で

この世界にも登場人物たちにも、愛着がわくし話は面白くなってくるし、

この2作目でやられた…シリーズを揃えるの決定(笑)

ますます魅力的な世界度:★★★★

前作からの登場人物も、今作からの新キャラクターも、魅力的!

シリーズが続いていくにつれて、好きなキャラの活躍が増えるといいなぁ。

他の大陸や、過去の歴史も、だんだん明かされてきて、

いよいよ壮大な世界観に、びっくりさせられます。

ちなみに、いちばん驚いたのは、いろいろ大変な目に合っているある人物が、

予想以上に、ただ者ではなかったこと…お、恐ろしい子!

というか、抜け目のない人物が多いファンタジーです。

大鬼や龍魚など、巨大な存在も出てきて、圧巻の2作目でした。

3巻目「忘却城~炎龍の宝玉」も読んだのですが、

こちらは再び、儒艮と金魚小僧が大活躍で面白かった!

早く4作目が出ないものかな~。

陰謀と謎解きと駆け引きと…。

死霊術師たちの戦いから、眼を離せなくなる、スケールアップの続編!

忘却城 鬼帝女の涙 (創元推理文庫) [ 鈴森 琴 ]
楽天ブックス
¥ 1,100(2021/07/02 23:11時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました