【ファンタジー】忘却城|死者を蘇らせる国。死霊術師の長に集められた6人の男女は、恐るべき戦いに巻き込まれていく!魅力的な登場人物が活躍する、壮大な中華風ファンタジー!

作者名:鈴森 琴   創元推理文庫

忘却城に眠る死者を呼び覚まし、蘇らせる術で発展した亀珈(かめのかみかざり)王国。過去の深い傷を抱えた青年儒艮(じゅごん)は、ある晩何者かに攫われ、光が一切入らない盲獄(もうごく)と呼ばれる牢で目を覚ます。儒艮ら六人を集めたのは死霊術師の長、名付け師だった。名付け師は謎めいた自分の望みを叶えるよう六人に命じ、叶えられた暁には褒美を与えると言うが……。第3回創元ファンタジイ新人賞佳作入選作。

死霊術が発展した王国を舞台に、陰謀が!

和風・中華風のファンタジーが好きな人に、おすすめです。

スポンサーリンク

漢字の用語が多い度:★★★★★

何といっても特徴的なのが、漢字の多さと、設定の細かさ。

この辺は、好き嫌いが分かれそうです。

この人の名前の、正しい読み方何だっけ?となることもチラホラ…。

死霊術の方法や種類、王国の体制や歴史、人外の存在、他の国の事情などなど。

未知の世界を一から作り上げているので、仕方ないかもしれませんが(汗)

そもそも、設定が中華風だし。

また、2020年4月時点で続刊の「忘却城 鬼帝女の涙」が出ており、

5月に「忘却城 炎龍の宝玉」が発売予定なので、

シリーズものとしての設定の細かさもありそうです。

読んでいるうちに、世界観になじんできて、楽しめました。

何だかんだで、話が面白いもんで。

読んだ後に気づいたんですけど、後ろに用語集が…。あらら。

独特の世界観度:★★★★

主人公たちの住む国では、死霊術師は強い権力を持っています。

その中でも、術死の長・縫(ほう)の力は、王族も警戒するほど。

物語は、縫が秘密裏に6人の人物を集め、ある命令を下すところから始まります。

何人かの人物の視点から語られるのですが、集められた中の1人・儒艮(じゅごん)と、

死霊術師の少女・舞蒐(ぶしゅう)のサイドで、事態が大きく動きます。

この儒艮、優秀な家庭教師かと思えば、驚きの過去を持っています。

後から出てくる因縁の、多いこと!

登場人物たちの因縁と、不気味で不可思議、どこか厳かな雰囲気の世界観が合わさって、

独特の作品になっています。

死霊も出るし、人外の化け物も出るし、

ダークファンタジーが好きな人には、そそられる世界観かと。

主人公侮れない度:★★★

主人公の1人・儒艮が頭いいです。

察しがよすぎないか、と思ってしまうシーンもいくつか(笑)

ハンデがある人なんですけど、頼りになります。

死霊術師側の主人公といえるのが舞蒐ですが、

悲しみを抱えながらも、大胆不敵な末恐ろしい少女です。

ラストでは、とんでもない目に。一番びっくりしたかも…。

彼らのその後が気になるので、3作目まで出たら、一気に購入予定。

今後が楽しみなシリーズものです。

ヨーロッパ風や砂漠が舞台のファンタジーをよく読む方、

たまには毛色が違う作品はいかがですか?

忘却城 (創元推理文庫) [ 鈴森 琴 ]
楽天ブックス
¥ 1,100(2021/06/26 22:33時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました