【エンタメ】夜は短し歩けよ乙女|彼女が歩むところ、笑いと感動と珍事件あり!乙女と先輩と変人たちの、面白すぎる恋愛ファンタジー!読むと幸せになる、素敵な素敵な物語です。山本周五郎賞受賞作。

作者名:森見 登美彦   角川文庫

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

青春恋愛ファンタジーの、大傑作!

乙女がいるところに、幸せあり!

スポンサーリンク

何回読んでも面白い度:★★★★★

大学の後輩「黒髪の乙女」に恋をし、なんとか彼女の目に留まろうとする「先輩」。

奇人変人ぞろいの京の街で、ありえない冒険を繰り広げる、摩訶不思議な恋愛劇を、

先輩と乙女が、各々の視点で交互に語っていきます。

2人の語り口・言葉遣いが、なんと軽妙で面白いことか!

常人離れした器を持つ乙女の、丁寧かつずれまくった語りは、おかしくて癖になるし、

平凡な思考ながらも、やっぱりずれてる暴走気味な先輩の語りも、思わず笑ってしまいます。

とにかく、個人的には、乙女の語るパートが好きでたまらない!

どういうお家で育ったら、こうなるんだろうか…(いい意味で)。

コメディ全開ですが、ハッとさせられる部分もあり、読む人の印象に残る傑作です。

いちいち笑える度:★★★★

4つの章に分かれていて、

第1章「夜は短し歩けよ乙女」は、乙女がお酒を求めて、夜の先斗町界隈へ冒険に出る話。

第2章「深海魚たち」は、古本市を、ある絵本を求めてさまよう話。

第3章「御都合主義者かく語りき」は大学の学園祭で起きる、大騒動の話。

第4章「魔風邪恋風邪」は、謎の風邪に占拠された京都を、乙女が奔走する話。

どれも、本当に笑えます。

個人的に、「夜は短し」と「御都合主義者」がとくに好き!

偽電気ブラン対決、阿呆な詭弁踊り、地獄の火鍋大会、

パンツ総番長の訳の分からん決意、ゲリラ演劇「偏屈王」…。

そして奇想天外なバカ騒ぎの後で、美しいファンタジーシーンが!

個性ありすぎ度:★★★★

乙女も相当ですが、乙女が出会うのも変人奇人ばかり。

現実離れしすぎて、‟この人に至っては、妖怪の一種だな”と、

勝手に納得しながら読んでいました(笑)

青春恋愛エンタメ小説ですが、

絶妙にファンタジーが練り込まれていて、

なんとも不思議で魅力的な世界観!

乙女には、いつまでも「おともだちパンチ」を駆使し活躍してもらいたいものです。

映画は、ところどころ話が変わっていましたが、

個性的な絵柄が合っているなぁと思いました。

山本周五郎賞受賞の、有名作。

森見さんを読むなら、まずこれをおすすめしたいです!

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) [ 森見 登美彦 ]
楽天ブックス
¥ 616(2021/06/30 20:39時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました