【エンタメ・冒険】人外魔境|悪魔の尿溜、大暗黒、太平洋漏水孔、畸獣楽園…そこはまさに、人類未踏の魔境!80年たっても色あせない、名作家の驚異の冒険スパイ小説全13話!その知識と発想に感嘆…大物学者かつスパイ・折竹孫七の活躍と、秘境に魅せられた人間たちのドラマを、ぜひご覧あれ!

作者名:小栗 虫太郎   河出文庫

世界のテラ・インコグニタ(未踏地帯)―南米アマゾン河奥地、グリーンランド中央部氷河地帯の冥路の国、青海省ヒマラヤ巴顔喀喇山脈中の理想郷、そしてコンゴ北東部の秘境中の秘境“悪魔の尿溜”―。国際諜報家・折竹孫七らが戦時下を舞台に活躍する、探検・SF・スパイ・魔境小説。『新青年』に書き継がれたオグリランドの極北!

ときに美しく、ときに非情…人類が行くべきではない場所が、確かに存在する。

そのまがまがしくも魅力的な秘境に、引き込まれずにはいられない!

スポンサーリンク

今読んでも、刺激的!度:★★★★★

最初の2話は違いますが、そのほかの11話は、

世界的に有名な鳥獣採集人で理学士、かつ秘境冒険家でスパイでもある、

折竹孫七の活躍を描く、冒険小説です。

祖国の利益を求め、ときに訳ありの女性や欲深い人間に四苦八苦させられつつも、

持ち前の知識と発想、機転と体力で、

並の人間なら生きては帰れない、恐るべき魔境から生還する折竹の、驚異の体験談。

1939年から1941年に「新青年」で発表された作品なので、

時代がかった語り口にはなっていますが、そんなに読みにくくはないです。

「~やいかに⁉」みたいな文章、読んでるうちに癖になるかも(笑)

何よりすごいのは昔の作品なのに、どの魔境も、ひ~何それ!と驚く刺激的なものだということ!

深い知識と、驚異の発想に裏打ちされてるからなのか…。

1話目「有尾人」からして、とうに死滅したはずの原人と思われるドドとともに、

「悪魔の尿溜:ムラムブウエジ」と呼ばれる、毒羽虫の霧がある地に赴くというもの。

設定も、ネーミングもすごい!そして面白い!

インパクトが色あせないって、恐ろしいですね~。

人間ドラマも見逃せない度:★★★★

1・2話は、折竹以外の人間の冒険譚を、書き手が語る展開で、

3話目から、折竹が主人公のエピソードになります。

1話「有尾人」では、冒険のほかに男女のすれちがいが描かれますし、

2話「大暗黒」では、折竹に負けない魅力の人物と、

厳しい人生を歩まざるを得ない女性が出てきます。

以降の話では、折竹の敵となる知己に長けた強敵や、強欲な俗物、

悲しい運命の女性たちなどが登場。

少しの油断が死を招く魔境で、関わった人間たちの人生のドラマが展開され、

もうハラハラハラハラ!

ただ単に、死地を探検して征服!というお話ではないので楽しめます。

1・2話は、他と比べて長めで内容もインパクト大。いかにも冒険もので好きです。

2話「大暗黒」は、アトランティスが出てくる話で、ラストは衝撃!

個人的に、5話「水棲人」も、水棲の人間目撃談にまつわる、

驚きの真相と切ない余韻がお気に入りです。

摩訶不思議な漂流記に、別世界へ連れていかれそうになる4話「太平洋漏水孔」漂流記は、

読んでてクラクラしそう…。

6話「畸獣楽園」は、元気な部族の若者が出てきて、勢いのある冒険もの!と思っていたら、

何とも皮肉が効いたラスト…。

めでたしめでたしで終わらない話が多いのが、

大人の冒険小説というか、自然も人生も甘くないよ、と言われているよう(汗)

そして、いやますリアリティと神秘性。

他のエピソードも、一筋縄ではいかない展開と結末ばかり!

深い知識の説得力度:★★★

自然の厳しさ恐ろしさと、人生の苦労や使命を全うする尊さを描く、

読み応えたっぷりの冒険SF小説。

ファンタジー冒険ものなら、想像の魅力で、空想の世界を素直に楽しめますが、

実際の世界の冒険を、フィクション交えて描くとなると、

ちょうどいいくらいにリアリティが入らない場合、嘘くさい作品になってしまう気がします。

その点本作は、秘境に行ったことにより、人体にこんな影響が出てこんな問題が発生して、

という感じで、いちいちリアル。

プラス空想の驚きもあって、のめり込めます!

長く愛されている作品は、実力があるんだなぁと、改めて納得。

小栗虫太郎というと、日本三大奇書の1つ「黒死館殺人事件」が有名ですが未読。

難解で読みにくいらしいので、「人外魔境」から小栗作品に入って正解だったのかな?

これぞ大人の冒険小説!楽しめました!

思いっきり、日常から逸脱した作品が読みたい人におすすめです。

人外魔境 (河出文庫) [ 小栗 虫太郎 ]
楽天ブックス
¥ 1,012(2021/08/22 23:44時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました