【ミステリ】消滅(上・下)|空港に隔離された11人の一般人。そのうちの1人は女性ヒューマノイド!この中にいるテロリストを暴けと言う彼女…何かを‟消滅”させるという、謎のテロ予告の真相は⁉

作者名:恩田 陸   幻冬舎文庫

超大型台風接近中の日本。国際空港の入管で突如11人が別室に連行された。時間だけが経過し焦燥する彼ら。大規模な通信障害で機器は使用不能。その中の一人の女が「当局はこの中にテロ首謀者がいると見ている。それを皆さんに見つけ出していただきたい」と言った。女は高性能AIを持つヒューマノイドだった。10人は恐怖に戦おののきながら推理を開始する。

“北米からの帰国者に感染力の高い新型肺炎の疑いが生じる。連行は細菌兵器ゆえの隔離、ヒューマノイド対応だったのか。
テロ集団はなぜ「破壊」でなく「消滅」という用語を使うのか。様々な憶測が渦巻くが依然、首謀者が誰か摑めない。やがて孤絶した空港に近づく高潮の危険。隔離された10人の忍耐と疲労が限界を超え「消滅」が近づいた時、爆発音が!

個性的かつ魅力的な、11人。

彼らと一緒に、謎を解いていきませんか?

スポンサーリンク

恩田さんらしい登場人物度:★★★★★

恩田さんの描く登場人物って、その人の感性とか思い出とかが、細かく描写されていて好きなんです。

感情移入しやすいなぁと。

今回も、個性的だけれど、実際いるかもこういう人、という人物たちが。

日本に帰国した矢先に、空港に閉じ込められた11人。

帰ったら肉ワンタン麺食べたいエンジニア、抜群の推理力の青年、

マイペースな空間プロダクトデザイナー、不審者に間違えられまくる男性、

連絡を取りたがる中年女性、ざっくばらんな医療従事者。

訳ありそうな母と男の子、真面目な豆腐工場経営者、謎の親父。

そして、たまに日本語がおかしいヒューマノイドのキャスリン。

この11人(人は10人か)の推理やいかに!

一緒にいることになった、コーギー犬ちゃんが可愛いです。

語り手となる登場人物が多い点が、恩田さんの「ドミノ」という作品に似てるかな?

あちらは、いろいろなトラブルが東京駅に集結する、スピーディーな作品でしたが、本作はじっくりという感じ。

たくさんの謎が魅力度:★★★

ある問題で世界的に有名になり、亡命を画策している外国人。

飼い主が見つからない、コーギー犬。

集められたメンバーの、共通点。

しきりに連絡を取りたがる、中年女性の事情。

おびえているような母親と、不思議な男の子。

素性がはっきりしない親父。

原因不明の「孤独な肺炎」。

テロ組織の、‟破壊”ではなく‟消滅”という発言。

うーん、謎がいっぱいですね!

登場人物の会話から、真実を当てられるか、挑戦してみては?

意外な結末度:★★★★

閉じ込められた人々。

通信障害と、テロ予告。

迫りくる台風。

何とも不安を煽る状態で、恐ろしい結末に向かうのでは…⁉と不安になります。

結末は、何とも意外。恩田さんらしいというか何というか。

私は、この終わり方は、結構好きですね。

そう遠くない未来で、キャスリンは、人に混じって普通に働いていそうです。

テロ集団の、予想外の目的とは?

特殊な状況下での推理劇が好きな人に、おすすめです。

消滅(上) VANISHING POINT (幻冬舎文庫) [ 恩田陸 ]
楽天ブックス
¥ 715(2021/06/28 11:19時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました