【人間ドラマ・恋愛】キャロル|美しい人妻キャロルを見た瞬間、19歳のテレーズは恋に落ちた。悩みを抱える2人は、息抜きの旅に出るが…。「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」のハイスミスが、当時別名義で出版した、女性同士の恋愛小説。映画化作品。

作者名:パトリシア・ハイスミス   河出文庫

クリスマス商戦のさ中、デパートのおもちゃ売り場でアルバイトをする十九歳の女性テレーズは、美しい人妻と出会う。彼女の名はキャロル。テレーズは恋に近い気持ちを胸に、キャロルに誘われ自動車旅行へ。二人を待つ運命を、彼女たちはまだ知らない…サスペンスの巨匠ハイスミスが匿名で出した幻の恋愛小説、待望の本邦初訳。

キャロルとテレーズ、心に孤独を抱える2人の女性。

紆余曲折の末、2人がどうなってしまうかというと…?

スポンサーリンク

こういう運命の出会いも…?度:★★★★

主人公は、19歳の女性・テレーズ。

魅力的ですが、複雑な家庭環境と繊細な感性のためか、

不安定な心を抱える、悩み多き人。

舞台美術の仕事を望み、セットの模型作りに励みますが、

まだチャンスはつかめておらず、クリスマスシーズンのフランケンバーグ・デパートで、

おもちゃ売り場のアルバイトをすることに。

そこで、美しい金髪の人妻・キャロルに出会ったことで、

彼女の運命は大きく変わります。

恋人のリチャードを心から愛することが出来ず、悩んでいるときに、

一目キャロルを見ただけで、激しい感情に晒されてしまったテレーズ。

裕福で気さくで、どこかミステリアスなキャロルに、

どんどん惹かれていきます。

しかし、自信に満ちているように見えるキャロルにも、大きな悩みがあり、

2人の女性は、気分転換の自動車旅行に出かけるのですが…。

この旅が、2人の人生を大きく変えることに、なってしまうのです。

美しい女性、豪華な邸宅、車でアメリカを行く爽快な旅、

といった素敵な描写も多いですが、

読んでいて落ち着かない、不穏な部分もたくさんあって、

サスペンスミステリ並みに、ハラハラしちゃう恋愛小説でした。

テレーズの不安定と、キャロルの謎度:★★★★★

女性同士の恋愛を扱った作品ですが、生々しい描写は少なく、

テレーズの心の動きと、2人のやり取りが、

上品な文章で、しっかりと綴られていきます。

主人公のテレーズは、複雑な生い立ちで、

繊細な感受性を持ち、頼れる人間が少ない、不安定な女性。

自分が本当は何を求めているのかも、はっきりと分かっていない、そんな彼女が、

キャロルと出会い、どう変わっていくのか、気になるところ。

対して、優雅で余裕があるキャロルに、

何があって何を抱えているのかも、徐々に明らかになっていき、

謎めく彼女の本当の姿が見えてくるにつれ、

物語も意外な展開を迎えていきます。

やっぱり心臓に悪い度:★★★

偶然出会ってしまったことにより、

交換殺人を犯すことになってしまう、2人の男を描いた「見知らぬ乗客」。

富豪の息子に成り代わる計画を立てる、貧しい青年リプリーの物語「太陽がいっぱい」。

心臓に悪い、クライムサスペンスが有名ですが、

本作も、別の意味で心臓に悪かったです。

キャロルとテレーズの関係はどうなるのか、

リチャードとはどうなってしまうのか、

舞台美術家への道は開かれるのか…などなど、

一体どうなってしまうのかな?という部分が多く、読んでいてソワソワしてしまう…。

第2部は、さらにドキドキしました。

丁寧に心の動きを綴る、スリリングな恋愛小説。

2人を待つ予想外の結末まで、ハラハラし通しです。

キャロル (河出文庫) [ パトリシア・ハイスミス ]
楽天ブックス
¥ 902(2021/06/16 11:46時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました