【人間ドラマ】anego|「ハケンの品格」の篠原涼子が主演で大ヒットしたドラマ「anego」。しかし、原作は覚悟して読んだ方がいいですよ~!合コン・不倫・泥沼のお付き合い…。アネゴと慕われつつも、自らの今後について悩みが尽きない、大手商社OLの独身女性。彼女がたどり着く、とんでもない結末とは?

作者名:林 真理子  小学館

野田奈央子33歳、丸の内の大手商社社員、独身。上司からも、同僚からも、部下からも頼られる存在。…なのに自らの恋愛運にだけはなぜか恵まれない。そんな奈央子が次から次へと出合う恋愛の数々。合コン、お持ち帰り、セフレ、不倫、泥沼…。OLの性も、派遣社員の怒りも、そして結婚運に恵まれない女たちのいらだちも。すべてをリアルすぎるくらいリアルに描ききった、林真理子の代表作。主人公野田奈央子を篠原涼子が演じて話題になった、大ヒットドラマの原作。

篠原涼子主演のドラマとは、全然違う展開です。

まさか、まさか、こんな結末になるなんて!

スポンサーリンク

都会のOLを体験度:★★★★

主人公の野田奈央子は、東京の一流商社に勤める、33歳独身OLです。

スタイルの良い美人で、聡明で、さっぱりした筋を通す性格で、後輩から「アネゴ」と呼ばれる存在。

女としてとても魅力的なのに、なぜか結婚とは縁がありません。

素敵な出会いと結婚を望み、真面目に働いているのに、

本人の世話焼き体質ゆえに、自分自身のトラブルはもちろん、

慕ってくれる後輩女子のトラブルにまで巻き込まれてしまう…。

そんな彼女の目線から、女性の生き方についての物語が、リアルに鋭く描かれています。

普段は、SFとかミステリばかりで、こういう小説は読まないんですけれど、

ドラマを観た母が買ってきたので読んだら、もう止まらず!

奈央子の考え方も、都会のOLの暮らしも、どろどろの不倫劇も、女同士の会話も、どれも興味深いです。

読んでいくうちに、のめりこんで、

途中から、一流企業で働く東京のOL気分に、ちょっと浸って楽しんだりなんかして(笑)

日常のこまごまとした描写も、たくさんあるんだもの…。

女のリアルな悩み度:★★★★★

自分が医療従事者で、会社で働くOLさん、というのがよく分かってないから、簡単にリアルとかいえないんですけど、

作品紹介とかでよくリアルと書かれているので、

ふんふん、こんな感じなんだ~と興味津々で読んでしまいました。

もちろん、リアルなだけでなく、とんでもない展開になっていく小説だからこそ、面白く読めるのでしょうが…。

もう、本当に次から次へと、アネゴはトラブルに巻き込まれるんだから(汗)

深い悩みを抱える女性たちが、アネゴに相談を持ち掛け、アネゴはアネゴで、自分の生き方に悩みます。

アネゴはいい人なんだけれど、もうちょっと自分のためにずるくなってもいいんじゃないか、なんて思ってしまいました。

トラブル相談役としての自分を捨てられない彼女は、

何とか折り合いをつけて、自分の幸せをつかもうとしますが、

彼女の人生を変える出会いが、物語をとんでもない方向へ導きます。

読んだ後、しばらく「…………。」となりました。

新ジャンル作ってしまった度:★★★★

ドラマと結末が違うそうなので、ドラマ最終話のあらすじをチェックしました。

…予想以上に、変わってる!

ドラマの後で読む人、もう別物だと思った方がいいかもしれませんよ。

特に、結末は衝撃的ですから…。

最後の数行がすごい!

もう、恋愛〇〇〇という新ジャンルを作ってしまった感じです。

ドラマを全話見る時間がない人におすすめ、とか言いたかったんですけど、

もはや別物なので、言えなくなってしまった(汗)

でも、面白いので、単純に女性の心理を描いた傑作小説として、おすすめします。

「うまく生きる」って、何故こんなにも難しい…。

自分の生き方、幸福の価値観について、考えさせられる作品でした。

anego〔小学館文庫〕 [ 林 真理子 ]
楽天ブックス
¥ 680(2021/08/08 22:00時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました