【ホラー】ししりばの家|「ぼぎわんが、来る」の比嘉姉妹シリーズ4作目!「なぜ、砂だらけなのに気にしないの?」砂にまみれた家に暮らす住民たちは、まったく普通に生活していて、招かれた女性は不安を募らせるが…。奇妙な家に潜むものは、琴子との因縁が?異常が普通になる恐怖!

作者名:澤村 伊智(いち)  角川ホラー文庫

おかしいのはこの家か、わたしか―夫の転勤に伴う東京生活に馴染めずにいた果歩は、幼馴染の平岩と再会する。家に招かれ、彼の妻や祖母と交流し癒される果歩だが、平岩邸はどこか変だった。さああという謎の音、部屋中に散る砂。しかし平岩は、異常はないと断ずる。一方、平岩邸を監視する1人の男。彼は昔この家に関わったせいで、脳を砂が侵食する感覚に悩まされていた。そんなある日、比嘉琴子という女が彼の元を訪れ…?

比嘉琴子、彼女を変えた少女時代の出来事とは?

この家は、あまりに恐ろしい!

スポンサーリンク

原点に返る度:★★★

短編集を含めて4作目になる本作は、

霊能力者・比嘉琴子の少女時代のエピソードが語られます。

最初は意外にも、気弱でおどおどした少女!

この彼女が、一体何があって、最強の女霊能力者になったのかが明らかになります。

彼女の少女時代を語るのは、小学校の同級生だった男性・五十嵐。

彼は、琴子と一緒に‟ある家”で恐怖体験をし、それ以来「頭の中の砂」に悩まされ、

犬の散歩以外は、家にいる生活を送る羽目になってしまいます。

元凶となる家を気にしながら、当時の怪異や琴子のことを思い返す日々。

そしてある日、霊能力者として経験を積んだ琴子が会いにきて、

彼は再び、恐ろしい家と直接的にかかわることになり、

そこで恐怖の事態を目の当たりにします。

この五十嵐と琴子のパートと交互に語られるのが、若い専業主婦・果歩のパート。

夫の希望で仕事を辞め、神戸から東京に引っ越し暮らしていますが、

慣れない土地での、孤独で時間を持て余す日々に悩みます。

そんな時に偶然、幼馴染の男性・平岩と再会。

平岩邸に招かれるのですが、なぜかこの家、どこも砂まみれ。こわっ。

そして果歩は、どんどん異常事態に遭遇する羽目になるのでした。

2つのパートが混ざり合うとき、意外な事実が明らかになり、

ついに怪異「ししりば」との対決が!

「ぼぎわん」「ずうのめ」と同様、緊迫のクライマックスを迎えます。

家庭の問題度:★★★★

「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」でもそうでしたが、

今回も、問題を抱えた家庭が出てきます。

「ぼぎわん」でも書かれていましたが、

やはり、平和にのほほんと暮らしている家庭と比べて、

魔や邪を呼び寄せてしまうということですかね…?

今回の怪異は、‟家”に強く関係するものですから、

他の作品と比べて、舞台の範囲が狭いし、登場人物も少なめかもしれません。

それでも、夫婦のどろどろやら、不気味すぎる家の状態やらで、

この閉鎖的な恐怖の舞台に引きずり込まれます…。

じわじわ怖くなる度:★★★★★

「ししりば」は、不気味で恐ろしい存在です。

過去にも、‟家”に関わっておかしくなった人間がいますし…。

しかし、容赦なく標的を殺す「ぼぎわん」「ずうのめ人形」と比べると、

少し印象が薄いかも?

…と思ってしまったのですが、これは「ししりば」のある性質のせいで、

琴子が、絶体絶命のピンチに陥るほどの、強力な敵なのです!

家の住民や侵入者など、すぐ殺害するのではなく人間をおかしくしてしまう敵、

というのは初めてですが、これはこれで、不気味度がすごい…。

この作品、読んだ後に、関わった人間に与えた影響を考えて、

じわじわ怖くなってきました。

最後の琴子の言葉、ずっしり響きます。

「家」が怖い、「家族」が怖い

琴子のファンに嬉しい4作目です。

ししりばの家(4) (角川ホラー文庫) [ 澤村伊智 ]
楽天ブックス
¥ 748(2021/04/04 17:01時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました