【SF】バベル|日本を襲う、新型ウイルス!その後遺症は、人々に深刻な影響を…。迷走する人間の、暴走が始まる!人類は、この危機を乗り越えることができるのか?

作者名:福田 和代   文春文庫

ある日突然、同棲している恋人が高熱で意識不明の重体となり、
救急車で搬送される。彼に付き添い続けた悠希にも、魔の手がしのびより……。
感染爆発が始まった原因不明の新型ウイルス「バベル」に、人間が立ち向かう術は
あるのか?
日本政府はある対策を講じる決断をする。
近未来の日本を襲った緊迫のバイオクライシス・ノベル!

ウイルスの脅威にさらされたとき、人類はどうすればよいのか?

今読むべき本かもしれません…。

スポンサーリンク

今、特に考えさせられる度:★★★★★

今、まさに新型コロナウイルスが、世界中に蔓延しています。

こんな時だから読みたくないともいえるし、読むべきではないかともいえます。

この作品に出てくるバベルウイルスは、日本で感染爆発。

多くの日本人が罹患し、大パニックに陥ります。

死亡率はそこまで高くないのですが、高確率で言語障害を起こしてしまう…。

かくして、非感染者と、感染者が住むエリアは、壁で隔てられるのです。

日本は、強制的に鎖国状態。

恐ろしいですよね…。

こうして感染爆発が起きている状態も恐ろしいですが、

対策がある程度進んでからも、大変!

人間性が、試され続けます。

極限の状況下で、人々がどういう行動にでるのかが、見どころ!

暴走してしまう人物も、全く理解できないわけじゃないんですよね…。

う~ん、難しい問題。考えさせられる作品です。

暴走する人間度:★★★★

首相の設楽は、ある事情で猛烈にバベルウイルスを憎んでいます。

優秀な子どもたちだけ「タワー」に隔離しようとしたり、

感染者のエリアに対して、不穏な計画を立てたり。

主人公の悠希(感染したが発病せず)は、消えた感染者の恋人を探しながら、

現状を発信するなどの活動をしています。

ジャーナリストのウィリアムは、個人的な目的のために、日本に潜入。

悠希の兄の直巳は、非感染者サイドで、バベルの研究を続けます。

感染者・非感染者ともども、自分にできることを考え実行しようとしますが、事態は悪い方向へ

追い詰められた状態で、意志を統一しようとするのは、

何とも至難の業ですねぇ…。

言葉について考える度:★★★

会話ができなくなる、言葉が認識できなくなる。

そんな人たちが急増して、コミュニケーションがとれず、人々は混乱します。

人は、言語によるコミュニケーションにどれほど依存しているのか。

そもそも言葉って何なのか。

言語というコミュニケーション方法を失ったとき、人類はどうなるのか…。

話は、意外な方向に展開します。

ウイルスに翻弄され暴走する人々と、人間が失うことで得られるものは何かが、

この作品のテーマかと。

ウイルス感染後、人類が失うものと、新たに獲得するもの。

ぜひ、確かめてみてください。

バベル (文春文庫) [ 福田 和代 ]
楽天ブックス
¥ 968(2021/06/27 15:05時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました